カテゴリ:や行( 6 )

米田理(よねだ おさむ)

米田理(よねだ おさむ) 陶歴

古九谷の豪放な絵付、色絵釉薬の美しさに魅せられ、昭和三十年九谷焼陶芸の道に入り上絵釉薬を研究し深厚釉、窯変釉等の新分野開拓の緒を得る。
その間中島寿山工房にて数年間古九谷吉田屋を研究し古九谷の領域にまで達せんと日夜努力しております。

○ 石川県産業工芸展入選
○ 九谷焼新作展入選
○ 石川県伝統工芸展入選

画号  理
[PR]
by kokuryudo-net | 2010-01-08 13:26 | や行

米田 秀基 (よねだ ひでき)

米田 秀基 (よねだ ひでき) 陶歴

昭和五十九年より小松市在住の伝統工芸作家宮本忠夫氏に六年間師事
平成二年より自宅にて九谷焼上絵付に従事 主に古九谷、吉田屋風の作品製作にあたり今日に至る
平成三年伝統九谷焼工芸展に入選 それ以降現在に至るまで十四回入選
平成十八年右工芸展において技術賞受賞
国民文化祭美術展に二回出品何れも入選

米田秀基
昭和三十六年四月二十二日生
[PR]
by kokuryudo-net | 2009-03-13 14:32 | や行

米田文(よねだ ぶん)

米田文(よねだ ぶん) 陶歴

1975 石川県生まれ
1998 東京芸術大学卒
2002 金沢卯辰山工芸工房修了

<個展>
「花の木実の木と果物と、バランスの良い動物」展
(はこの展覧会/サボア・ヴィープル/六本木)

「遊びのある暮らし」
(チェスの展覧会/荒井アトリエ&ギャラリー/恵比寿)

「うつわの絵」
(器の展覧会/松屋銀座/銀座)

「タイルの仕事」
(タイルの展覧会/サボア)

など多数
[PR]
by kokuryudo-net | 2007-09-21 11:46 | や行

米田和(よねだ かず)

米田和(よねだ かず) 陶歴

野辺の花をつつみ 人の食を盛る
あたたかみのあるものを作りたいと思う


日本工芸会正会員

陶歴
1991年 日本伝統工芸展初入選 以降14回入選
1996年 石川伝統工芸展石川県知事賞
1997年 石川伝統工芸展北国新聞社長賞
2001年 石川伝統工芸展奨励賞

個展
日本橋高島屋
大阪三越
藤野屋(佐野)
ギャラリー旬(東京広尾)
独楽(岐阜)
荘(国立)
一草庵(岡崎)
キミ(茨城)
遊クラフト(金沢)
名鉄M'ZA(金沢)
Gallery gen(NewYork) 等
[PR]
by kokuryudo-net | 2007-09-08 14:31 | や行

山本長左(やまもと ちょうざ)

山本長左(やまもと ちょうざ) 陶歴

平成2年6月 宮内庁より依頼を受け天皇皇后両陛下御紋入器を製作
平成2年10月 即位の礼「饗宴の儀」に使用の漆器を含む全和食器の菊花をデザイン食器七品目を製作
平成3年1月 立太式に使用される御紋入器を製作
平成3年4月 宮内庁「饗宴の儀」和食器十一品目を納入
平成4年2月 秋篠宮家眞子様内祝菓子器製作
平成5年5月 皇太子様雅子様御成婚「饗宴の儀」に使用のオードブル皿製作
平成5年11月 雅子様御紋入器を製作
平成7年6月 秋篠宮家佳子様内祝菓子器製作
平成12年10月 日本政府より依頼を受け国際度量衡局へメートル条約一二五周年記念の白磁金襴手大皿を製作
[PR]
by kokuryudo-net | 2007-09-07 10:13 | や行

吉田勝山(よしだ しょうざん)

吉田勝山(よしだ しょうざん) 陶歴

昭和13年 石川郡野々市町野代に生れる
昭和38年 作陶生活に入る
昭和40年 朝日陶芸展新入選
昭和47年 日展新入選
昭和48年 金沢市創作工芸展市長賞
昭和48年 光風会展新入選
昭和49年 日本現代工芸展新入選
昭和49年 中日国際陶芸展名鉄丸越賞
昭和49年 金沢九谷新作展市長賞
昭和55年 石川県現代美術展最高賞
昭和57年 石川県現代美術展特別賞
昭和59年 金沢市工芸展県知事賞
昭和63年 石川県現代工芸展会長賞
平成元年 石川県現代美術審査員
平成元年 日展十回入選
平成五年 無所属
[PR]
by kokuryudo-net | 2007-09-05 16:34 | や行